シャツの一部

多くの用語がシャツ(また上部の身体の衣服一般)およびそれらの構築のタイプについて記述し区別するために使用されます。最も小さな違いは文化的か職業集団に対して重要性を持っているかもしれません。最近(20世紀後半)、メッセージを伝えるトップあるいは広告を使用することは一般的になりました。これらの区別の多くはコートとセーターのような他の上部の身体の衣服に当てはまります。

Tシャツの袖は一般的に肘前後の長さとなっていて、普段のおしゃれ着やスポーツ時の運動着として着用されることが多いです。しかし、Tシャツの用途は非常に幅広く、作業着としてきたり、パジャマ代わりに着ることも多々あります。日常生活の上で、なくてはならないものの一つといっても過言ではありません。誰しも必ず1枚は持っているのではないでしょうか。うちの娘は保育園に行っていますので、毎日着替えが必要なのですが、夏場になると汗をたくさんかくために着替えの枚数もたくさん必要になってきます。ですので、Tシャツは20枚以上持っています。家族の中では誰よりも衣装持ちなのです。そんな娘のTシャツには袖にレースがあしらってある可愛いものや、あえて切りっぱなしのちょっぴりおしゃれなものがあります。大人のTシャツにもさまざまなスタイルのものがあるので、Tシャツを買いに行く機会があったら袖にも注目してみてください。

Tシャツ以外のシャツには袖があるものとないものがあるかと思います。ノースリーブと呼ばれるシャツには名前の通り袖がありませんし、タンクトップやランニング、キャミソールは完全に腕が出るタイプのシャツです。袖がないタイプのシャツは夏場にそのまま1枚で着用することがほとんどですが、冬場はインナーなど肌着として着用することもできます。

また、ワイシャツやブラウスタイプのものは長袖もしくは半そでのいずれかで、袖がないタイプのものはありません。このタイプのシャツは伸縮性に乏しいため、長袖の場合ほとんどがボタンが付いています。ワイシャツの袖といいますと、やはり気になるのが袖口の汚れでしょう。濃い色のものはほとんど目立ちませんが、薄い色のシャツですとどうしても着ていくうちに汚れが目立ってきてしまいます。襟やそで口の汚れ専用の洗剤まで出ている程ですが、それでも落ちない場合はシャツ自体の寿命と考えて、潔く買い替えた方がよいかと思います。女性のブラウスで袖が提灯のようにふわっと膨らんでいるタイプのものがあります。私の好みとしてはいまいちなのですが、このタイプのブラウスが似合う女性はとても清潔でかわいらしい人なのだと想像します。

ボタン

シャツにはボタンがあるものとないものが存在します。Tシャツやタンクトップ、キャミソールなどのほとんどにはボタンがありません。中にはデザインとして付いているものもありますが、その大半は機能性を兼ね備えていないものだと思います。一方、ワイシャツやブラウス、ヘンリーネックなどは、ほぼ100%ついています。それには生地の伸縮性が大きく関わっています。Tシャツやタンクトップは伸縮性があるため、かぶるタイプでも問題なく頭を通すことができますが、ワイシャツやブラウスは生地に伸縮性がほとんどないため、どうしてもボタンが必要になってきます。例外的にヘンリーネックシャツは伸縮性もありますが、ボタンをはずさないと結果的に襟元が伸びてしまうかと思います。

1331 6/4
 

Copyright © 2010. All rights reserved.シャツ.