シャツの歴史や種類について

みなさんはよくシャツを着用されますか。私はあまり着る機会がないのですが、オフィスなどでスーツを着用している方はシャツを着る機会も多いのではないでしょうか。 また、シャツに対してこだわりを持っている方も多いのではないでしょうか。 知人にオフィスで着るシャツはオーダーメイドのものしか着ない、なんて方も居ました。 シャツには色々と種類もあり、オフィスはもちろんのことプライベートでもよく着用するアイテムだと思います。

シャツの歴史や種類について調べてみると、それは途方もないたくさんの研究結果が出てきます。シャツもそうであるが、衣服の歴史はもっと古いと言われています。それは65万年前にさかのぼるとしている人もいるぐらいです。そもそも人が衣服をまとう理由は、体表に毛皮を持たない事や、汗腺がほぼ全身に発達した為と言われています。外気との体温の差を補完するように、住む環境や地域に合わせた衣服が発達したのであろうと思われます。シャツは、そうした地域の中でも、極端に熱帯でなく、極端に極寒でない地域で発達したということも最近の研究からわかっています。 ピートリーによって発見された、世界で最も古い保存されていた衣服は、3000B.Cの最初の王朝のエジプトの墓からの高度に精巧なリンネル製シャツです。ひだは、着用者が移動することを可能にする間に体に合う整頓を与えるために素晴らしく肩と袖につけられました。

シャツっていつの時代も流行りますよね。私がお気に入りで持っているシャツは、ストライプ柄のパリッとしたシャツです。何にでも合うし、半袖まではいかないけど、厚めの生地だとちょっと。。と思ってしまう初夏などにはかなり最適ですよ。それにブレザーなどのジャケットをはおれば、少し肌寒い日もOKだし、きちんと感も出るので、オフィス系としても重宝します。わたしはあまりスーツというものを着て仕事をしたことがないのですが、たまにきちんと感を出すときは大抵このシャツのを着ていきます。スーツを着る方はたくさんのシャツを持っているのではないでしょうか。私は全然持っていないのですが、ちょっと憧れちゃいます。

歴史

シャツは20世紀まで男子下着のアイテムでした。女性のシミーズはその人への密接に関連する衣服でしたが、現代のシャツになったのはその人の衣服です。中世に、それは、皮膚の隣りに、および規則的な衣服の下で着用された平易で染めてない衣服でした。中世の美術品では、シャツは、保護者、囚人および悔恨者のような謙虚な特徴上で単に目に見えます。17世紀男性のシャツの中で、示すために可視の下着とほとんど同じエロチックな輸入と共に、許可されました。18世紀ズボン下の代わりに、人は引き出しの機能に役立つためにシャツの長い後部に頼りました。18世紀服装歴史家ジョーゼフ・ストラットは、ベッドへのシャツを着ていなかった人が不謹慎であると信じていました。1879年と同じくらい遅くさえ、それに関する無を備えた可視のシャツは、不適当であると考えられました。

シャツは、時々首または袖にフリルをつけていました。16世紀に、男子シャツには刺繍がしばしばありました、そして時々、首と袖まわりの、および長いフリル(すなわちひだ飾り)が元あった18世紀を通じてのフリルあるいはレース、流行。ジョージ・ケーレブ・ビンガムの絵画で見ることができるとともに、有色のシャツが19世紀前半に現われ始めます。それらは20世紀まで、下層階級労働者だけのために、カジュアルウェアと考えられました。紳士にとって、空色シャツを着用することは1860年において考えられませんでしたが、1920年までに標準になっており、1980年には、最も普通の競技を構成しました。

ヨーロッパ・アメリカの女性は1860年にシャツ考えました。このときガリバルディ・シャツ(ギゼッペ・ガリバルディの下の自由の戦士によって着用されるような赤いシャツ)は、フランスの女帝ウジェニーによって普及しました。

シャツは上部の身体用の覆う衣服のタイプです。もとは、シャツは、人のための一種の下着であることを目指しましたが、それ以来発展しており、上部の身体上で着用された任意のタイプの衣類を分類するために使用されます。イギリス英語では、シャツは、襟とボタンを持っており、形式上か職業の目的のためのネクタイを着用することができるタイプです。

形状記憶シャツ

うちの主人はスーツではないので、シャツにアイロンをかけるという仕事がなくて私的には楽ちんです。サラリーマンでスーツで出勤するダンナ様のおうちの奥さんは、みんなそろってアイロンかけるのがとても大変だと聞きます。クリーニングに出している人もかなりたくさんいるのですが、そのクリーニングもばかにならないみたいですよね。出しに行ったり、取りに行ったりするのも面倒ですし。で、お友達から聞いたら、形状記憶シャツというのがあるらしく、干すときにパンパンとしわを伸ばして干せば、そんなにしわにならずに乾くのだそう。とっても重宝していると聞きました。良いアイデアですね。

シャツは一枚持っていると色々な着こなしを楽しむことができます。一枚で着るのもよし、ニットの下に重ね着として着るのもよし、柄シャツなどは腰巻にして全体に色を加えるのもよし。さまざまな使い方ができるシャツは、私には手放せないアイテムです。基本の白シャツ、チェック柄などのネルシャツ、デニム素材のタンガリーシャツなど、色々なシャツを着こなしたいです。

不動産の鶴ヶ島 133

Copyright © 2010. All rights reserved.シャツ.